_果樹園の記録

果樹園体験の日 接ぎ木の場合(2009.05.15)

今年は、春から、果樹園体験のご要望(農作業を体験したいとのご要望)がありました。
秋であれば「果樹園探訪会」という日を設けて、果樹園にある数種類のりんごの食べ比べを行う、という果樹園体験をしています。しかし、この時期は、味見るものもないものですから。
さて、どうしたものでしょう。
折角に、遠路遙々、ふくわらびに来園されるのですから、何も味見はできないけれども、楽しんで行ってもらえたら、と作業内容に頭悩ませた結果、接ぎ木(高接ぎ)を体験してもらうことにしました。


穂木と台木の種類

今回、レッドゴールドを「JM7」というわい性台木に接ぎました。
中間台はシナノゴールドです。ボルドー液の散布で葉が焼けることから、わい性樹の栽培は、ボルドー体系の当園には向いていないと判断し、品種更新することにしました。(シナノゴールドは、マルバカイドウを用いた喬木のもののみにする予定です。)
当園のレッドゴールドは、その台木を、主にマルバカイドウを用いています。「JM7」を台木にするのは初めてですから、味の違いがどのようにでるのか、楽しみです。


接ぎ木直後の木の様子

接ぎ木は、切り接ぎ、袋接ぎ、長穂接ぎなどを思い思い?に取り入れておられました。霜も降ろうかという凍える一日を外で過ごし、一列をレッドゴールドに更新していかれました。


二週間後の様子 動き始めました

二週間ほど過ぎて確認しに行くと、穂木からは、乾燥防止用のテープ(メデールテープ)を破って、少しだけれども、芽が出てきました。どこをどなたが接いだのか、なかなかトレースしにくいので、収穫できるようになったら、是非、収穫に足を運んでくださいまし。(写真は5月11日の様子)


三週間後の様子

もう、葉の形が見え始めたものもあります。成功したもの、失敗したものもわかりかけてきた様子です。(写真は5月18日の様子)


オーナー制

この「接ぎ木」体験ですが、将来は次のようなプログラムはどうか、と考えています。接ぎ木、摘花、摘果などの管理作業へのオーナー参加型と、「りんご品種構成を選ぶこと」と「薬剤防除の方針を選ぶこと」の、パターン・オーダー型を組み合わせたオーナー制度。


援農隊があったとか‥‥

父から「昔(うちではやらんかったけども)、援農隊というのが盛んだった時期があるが、受け入れ側の農家は、どういった作業内容をしてもらうか、ということで随分と頭を痛めたと聞く。」という話を聞いています。
確かに。
援農の、受け入れ側のプログラムが、援農隊の期待に添わないものであったとしたら、参加者の関心はその農家から離れていく可能性が高くなるでしょう。例えば、花見を期待して参加したのに咲いていなかった、お土産がなかった、お昼ご飯がコンビニ弁当だった、山菜の一つもないのか、等々、マイナス評価の要因はあります。実際に、私が森林ボランティア活動に参加して、そうした場面を見聞きしたことは多々あります。
消費者と生産者が果樹園の将来像を共有できるプログラムを提供すること、農家サイドでそれを考えるのは、なかなか苦労されたことではないかと思われます。