_洋梨>栽培品種|食べ頃について

洋梨

洋梨は、りんごや桃の間に少しだけ栽培しています。
日本には明治初年に伝わったバートレット、隔年結果の習性が強く、2年に一度の味わいのオーロラ、苗木カタログから消えつつあるコンフェレンス、広く名を知られたラ・フランスなどの洋梨を栽培しています。

これらは化学合成農薬をほとんど使わない栽培も可能ですが、現在、りんごの間にあるものにはりんごと同じ農薬を使用しています。
将来は、これら梨、洋梨をまとめた圃場を確保し、極少農薬栽培をしたいと考えています。(現在、近接農地を借用し、準備中です。数年で、お届けできるようになると思います。)


栽培品種

品種名|バートレット
収穫期|9月上中旬
特徴等|甘酸。酸味もあるので加工用にも向いている。薄緑色のを収穫。黄色ばみ少し柔らかくなると食べ頃。

品種名|オーロラ
収穫期|9月
特徴等|甘。隔年結果するが、早生の洋梨としては大変美味しい。茶色の物を収穫。黄金色になると食べ頃。

品種名|コンフェレンス
収穫期|10月
特徴等|味は良い。台風で大変落ちやすく、傷つきやすい。少し黄色ばんだ頃食べる。食べ頃になってから数日持つ。

品種名|ラ・フランス
収穫期|10月
特徴等|味香り良い。肩が柔らかくなると食べ頃。当園では、寒すぎるからか、小玉。(近年、冷涼な当地でもそれなりの大きさになりつつある。)