_季節のご挨拶>2014年11月

りんごの季節のご挨拶−ふじの収穫間近(2014.10.31)

秋気いよいよ深まってまいりましたが、皆様におかれましてはますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

果樹園では、白樺の、黄色く紅葉した葉が散り始め、「ふじ」の収穫が間近になったことを知らせてくれます。10月29日、30日は、−2℃まで下がり、軒先の水溜まりにも薄氷がはりました。霜が降りるには、いつもより少し早いような気がしますが、りんご、特に「ふじ」は、凍みを経ると、味がこなれます。
紅く色づいている「ふじ」がどのような仕上がりになるのか、とても楽しみです。

今シーズンは、8月の台風、豪雨、長雨により、ボルドー液の薬害が発生しました。また、こうした気象条件下では、有機質肥料は(薬害と相まって)、弱い果実肥大(小玉傾向)や不要な枝の成長につながったように思われます。
こうした中、皆様には、いろいろとお気遣いや励ましを頂戴いたしました。心労が絶えませんでしたが、こうして「ふじ」の収穫までこれたことは、偏に、皆様との関係にあると、ここに感謝申し上げます。

さて、今年の経験は、品種や台木の差をよりはっきりさせたように思います。
昨年はとても美味しかったのに、今年はとても出荷できる果実が収穫できなかった樹。『ボルドー液』に弱く、果実肥大もそれに応じて劣った樹。
一方で、不利な条件にもかかわらず、納得できる果実が収穫できた樹。
こうした経験の一つ一つが、今後、ますます厳しくなるであろう気象条件にも強く、また当園の栽培方針にも合致するような品種や台木を選ぶ基準になっていくものと思います。
そして、届いたばかりの苗木カタログを、毎晩、眺めています。

レッドゴールドの収穫も一段落した頃、他所に住んでいる末の娘が、4ヶ月になる子を連れて、少しの間、帰省してきました。今はまだ、母親に抱っこされて園内を散歩するだけですが、この子がりんごを食べれるようになるのはいつだろうかと、今から楽しみです。
そばにいる1歳の子は、いつも「ごんごん」(りんごのこと)と袖を引っぱり、りんごを催促してきます。

この子らが大きくなって、楽しんでくれるような果樹園をつくっていきたいものです。


秋陽

10月のある日、お店に山形県産の「秋陽」を見かけました。「秋陽」は、山形県で育成された品種で、当園ではまだ試食できる程しか実っておらず、増やしたい品種のひとつです。(この春、苗木を植えました。)

早速、購入し、食べてみましたが、その果実、赤く色づいてはいたものの、蜜もなく、味はまだ若く、しかし硬度は落ちていました。
もしかして、「つがる」が終わり、りんごが品薄になる時期に、市場から早く、何かを出すように要請され、若採りしたのかもしれません。また、9月、10月のりんごは日持ちがあまりよくない上に、気温も高い。暖かい場所におかれてしまったら、そんなに時間が経っていなくても、やわらかくなってしまうでしょう。

収穫期が「シナノスイート」と「ふじ」の狭間にあり、栽培面積が増えないと聞きます。
しかし、食感は「ふじ」よりも上と、山形県が自信を持って世に出した品種。確かに美味しいと思います。ですから、より多くの消費者の方の手元に届くことを願ってやみません。
(美味しくないりんごと思われ、過去の品種となってしまうにはもったいない。)

品種の良さがいきるように栽培し、お届けすることの大切さを、改めて痛感する出来事でした。

「はるか」の袋掛け

りんごの栽培方法の一つに、「袋かけ」があります。6月ぐらいに果実袋を掛けると、美しく着色します。
一方、無袋栽培は、着色を優先する有袋栽培とは異なり、食味が良いとされます。よく、「サンふじ」「サンつがる」と、「サン」を頭につけた表示を見かけますが、それは品種名ではなく、無袋栽培であることを差別化した表記です。
「ふじ」が栽培され始めた頃の、着色を優先する生産者や果物屋と、外観が悪くとも味で勝負できると信じた試験場の対立の話は有名ですが、それほどに味が異なります。

さて、何年か前、「はるか」に果実袋をかけると、大玉になり、無袋栽培よりも食味もよい、という新聞記事を読みました。「はるか」は美味しいけれども、小玉果が多く、ロスが多い。なんとかしたいと思っていました。栽培面積を増やすことにも躊躇していました。
そこで、今年、お手伝いの方に、ほんの数本だけ植えている「はるか」に袋掛けをしてもらいました。作業は、「こんなに袋を掛けにくいものはない。袋を掛けようとすると、ぽろっと落ちてしまう。」と大層、不評でした。

そろそろ「はるか」の収穫期。
確かに、例年よりは大玉になったようです。
あとは食味。
どうなのか、その時が楽しみです。


ふくわらびのくだもの−通販のご案内

まもなく、「ふじ」の収穫が始まります。「ふじ」の他にも、楽しめる品種があります。また、りんごの他、ジュースやジャムなどもご用意しています。どうぞご利用下さい。

なお、今シーズンは、全体に小玉傾向にあり、収穫量も、平年に比べ、少なめとなっています。必ずしもご希望に沿えない場合がございますが、その際はどうぞご了承下さい。
また、熨斗等をご希望の方は、お伝え下さい。

11月のりんご(*印は少量生産)

星の金貨* 蜜入りし、甘酸あり。
むつ 大玉。甘酸。香り強い。
ぐんま名月* 蜜入り良く、甘く、酸味少ない。
シナノゴールド* 果肉硬く、独特の香りあり。
王林 芳香強く、甘い。
ふじ 甘酸適和。蜜入りよい。
金星 その甘さと果肉は、独特の食感。
はるか* 小玉で、果肉硬い。蜜が入る。

加工品

りんごジュース(ストレートタイプ)
りんごジャム
ブルーベリージャム
桃ジャム(滝の沢ゴールド)
桃の砂糖煮
※ジュースは、11月下旬からの発送となります。


ご注文/お問い合わせ先

ご来園や、くだもの、ジュース、ジャム等のお問い合わせ、ご注文は、下記までご連絡下さい。

福蕨(ふくわらび)
509-3206 岐阜県高山市久々野町山梨88-14
TEL 0577-52-2494 / FAX 0577-52-2994
e-mail hukuwarabi@hidatakayama.ne.jp
url http://hukuwarabi.net