_季節のご挨拶>2014年8月

季節のお便り・・・残暑お見舞い申し上げます(2014.08.07)

うだるような暑さが続いています。また、大変な豪雨に見舞われている地域もあるとのこと。そして台風も心配な今週末。今年の夏も厳しいと感じていますが、みなさま、お変わりございませんでしょうか。
当地はこの夏、雨が非常に少なくて(降水量は平年の半分以下?)、土も乾き、割れているところが見られます。仕事ははかどるのですが、果実の生育や、樹の故障が心配されます。

まだ2月のこと。町内で、桃の剪定講習会が開催されました。講師は、数年前から勉強させていただいている大藤流の生産者である南氏(山梨県)。顔も痛くなる冬空の下での講習会でしたが、南氏は、剪定に限らず栽培全般にわたって、惜しみなく、いろいろなことを教えてくださいました。寒さに耳を押さえながら、どんな質問にもオープンに答えてくれるそのお人柄に、とても感激しました。
そんなことを思い出しながら、まもなく収穫が始まる桃の、最後の管理や出荷の準備を進めています。

ところで、この数年、桃の枯死が各地で問題となっています。台木の違い、肥培管理や剪定の強弱、気候や土壌条件、いろいろな視点から可能性がいわれていますが、いまだ、これといった対策がありません。樹齢が5年ぐらいを過ぎて、これから稼ぐというときになって枯れてしまうケースも多く、生産者としては頭の痛い問題です。
当園でも、今春、昨年から生り始めた木が何本か枯れてしまいました。特に、数年前に1本だけ苗木を買った「つきあかり」という品種。昨年、試食し、「これは美味しい!大事に育てていこう。」と思っていたら、この7月に枯れてしまいました。少しでも早く、多くの人に味わってもらいたかったのですが、がっかりしています。でも、懲りずに苗木を育てていこうと思います。

今、3本ある李が熟しました。お盆を過ぎれば桃、そして9月には林檎の収穫が始まります。
今シーズンもどうぞ、よろしくお付き合い下さいますよう、お願い申し上げます。


李が熟しました

園地の空いたスペースに、3本だけ植えています。品種は、「いくみ」「涼呂」「彩の姫」。
いずれも美味しいと思うのですが、販売するには至っていません。

(いくみ/2014.07.30)


ふくわらびの桃

ふくわらびは高冷地に位置し、春は遅く、よって収穫期も遅い、産地としては不利な条件での桃栽培となります。しかし、一年に一度は、この水菓子を食べたくて、栽培しています。

減化学合成農薬

−薬剤防除−

化学合成農薬の使用は、7月上旬(収穫30〜60日前)までとしています。水和硫黄剤、生物農薬(BT剤、微生物殺菌剤)、スピノサド、デンプン水和剤、忌避剤といった、化学合成農薬とされない農薬を積極的に使用します。

−有袋栽培−

ふくわらびでは、桃の果面保護と、殺菌剤・殺虫剤の使用を減らすことの、二つの目的で有袋栽培を行っています。収穫時まで果実袋を掛けたままにすることで、着色は劣りますが、除袋後に一般に行われる薬剤散布を省きます。
また、果実袋は、農薬を使っていないものを選んでいます。

土作り

微生物の働きを借りながら土作りを行い、果実を育てています。
除草剤を使わず、草生栽培を旨とし、さらに陸海の、さまざまな動植物を材料にして作った有機質肥料を施しています。

 

栽培品種(収穫期の目安)

あかつき:8月中下旬(18日頃〜)
滝ノ沢ゴールド:8月下旬(20日頃〜)
まどか:8月下旬(25日頃〜)
なつおとめ:8月下旬(25日頃〜)
紅錦香(くにか):9月上旬
川中島白桃:9月中旬

 

桃の価格改定のお願い

2014年4月からの消費税率5%から8%への改定されました。また、燃料代や生産資材がことのほか、値上がりしています。
これまで、桃については、りんごのお客様へのサービスとして、価格を低く設定してきましたが、とても再生産が厳しい状況となってまいりました。
つきましては、まことに恐縮ながら、価格を改定させて頂きます。よろしくお願いいたします。


りんごジュース、在庫有ります

ふくわらびのりんごが詰まったジュース。
祖母は95歳、時折、体調を崩し、食事も喉を通らないときがあるのですが、このジュースを飲んで元気を取り戻しているようです。
今更ながら、りんごという果物の力に驚き、感心しています。
2013年産りんごジュース、「ストレートタイプ」「すりおろし果肉入り」ともに在庫ございます。どうぞご利用下さい。


ジャムの紹介

りんごジャム(200g)

りんごの果実を煮てとろけさせた、そんな味、食感が素直に感じられるジャムです。
「ふじ+グラニースミス」「ふじ+むつ」の、2種の在庫がございます。それぞれに風味が異なります。糖度40度以下。

ブルーベリージャム(200g)

この夏、収穫したブルーベリーをジャムに。砂糖を控えめに、甘酸っぱい味に。糖度40度以下。


お問い合わせ先

ご来園や、ジュースやジャムのお問い合わせ、ご注文は、下記までご連絡下さい。

福蕨(ふくわらび)
509-3206 岐阜県高山市久々野町山梨88-14
TEL 0577-52-2494 / FAX 0577-52-2994
e-mail hukuwarabi@hidatakayama.ne.jp
url http://hukuwarabi.net