_季節のご挨拶>2014年1月

季節のお便り−寒中お見舞い申し上げます(2014.01.10)

旧年中は格別のご厚情を賜り暑く御礼申し上げます。小寒を過ぎると、この冬一番の寒波で、当地でも氷点下16℃を記録しました。
まさに寒さ厳しい季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

果樹園には、今はまだ少ないながらも雪が降り積もり、一年の仕事を終えたりんごの樹も、静かに眠りについています。
雪の上、いろいろな動物の痕跡が見られます。朝の新雪に、大小いろいろな足跡を見つけ、「これは誰の足跡だろう?」と保育園児と話しながら、登園を急ぎます。
果樹園の周辺には、ウサギにリス、キツネやアナグマ、ハクビシン、ニホンジカ、ニホンカモシカ、イノシシ、ツキノワグマなどが棲んでいます。果樹園にとっては困るものも少なからずいます。枝や芽をかじったり、果物を食べてしまったり、地面を荒らしたり。
しかし、雪の上をとことこと歩く様を想像すると、思わず、ほっこりとしてしまいます。

その足跡を横目に、整枝・剪定を始めました。整枝・剪定は果実品質を大きく左右する作業で、芽吹きの頃まで続き、この間は、摘花・摘果や肥料のことなども含め、りんご栽培について、最も学び、考える時間となります。時折、「りんごの剪定技術は、とっくに完成されていると思っていた。」という声を聞くことがあります。実は、私たちもそう思っていました。しかし、実際に栽培に携わる中で、あるいは講習会等に参加する度に、新しいことに触れ、目から鱗の体験をすることも少なからずあります。今後とも、より品質の高い果実生産を目指し、多くを学んでいきたいと思っています。

本年も、どうぞ、ふくわらびのくだものをよろしくお願いいたします。


品種更新を進めています

整枝・剪定で先ず、すべきことは、改植の検討となります。ここで、品種の更新も進めます。
私たちを育ててくれた品種のいくつか(「むつ」や「金星」)は、嗜好の変化により、今ではなかなか、売りにくくなっています。美味しいのに・・・。

園主は、いろいろな品種を集めるのが好きで、狭い園地に所狭しと苗木が植えられています。その中で、この1〜2年、新しく味見ができるようになった品種があります。
昨年、記憶に残った品種として、一玉1,000円で販売されたこともあるという「青林」、内部褐変という致命的な欠点がありながらも、伐れない「もりのかがやき」、山形県で作出された「秋陽」、真っ赤で蜜入りのよい「すわっこ」、一度はウイルスで消えた「おいらせ」、1月になると食べ頃になるという「美丘」などがあります。

「つがる」「レッドゴールド」「ふじ」という、当園のスタンダード(基幹品種)はそのままに、しかし、より楽しめるりんご園を目指し、チェーンソーを手にしています。


白いりんごを磨きました

近隣の農家が、「化学合成農薬を1成分減らすことが、どれだけ大変なことか・・・。」と語っていました。確かに、と思う。

この何年か、6月中旬になると、「今年も摘果剤を使わずにすんで、よかった。」と安堵します。りんごの摘果剤は、分類は殺虫剤(化学合成農薬)。手で摘果できる間はできるだけ使わずにいたい、そう思い、摘花/摘果を進めています。そうして、やっと1つ、化学合成農薬の使用を減らすことができます。

果実の成育期後半(梅雨明け後、7月下旬以降)には、有機農業でも使用が認められている殺菌剤のボルドー液を使用します。これは、果実への残留農薬を少しでも減らしたいことから、取り組んでいることです。結果、ボルドー液の石灰が付着し、「白いりんご」になってしまいます。また、ボルドー液はアルカリ性で、他の農薬や肥料を分解してしまいます。ボルドー液散布園では、使える殺虫剤や殺ダニ剤、忌避剤が極端に少なくなる、というリスクを負います。

昨年、給食用のりんごの出荷に際し、一果一果、白い粉を拭き取るよう求められました。
安全な農薬のはずなのに、やっぱり・・・。
果皮についた病気の痕も、1つなら良いが、それ以上はだめだとか。
違和感と、ちょっと面倒でした。

農薬を減らすことは、技術的な難しさや労力の問題もありますが、収穫したりんごが受け入れてもらえるのか、という課題がついてまわります。多少の病虫害や、白いりんごであることにご理解頂き、こうして好きな果物を作ることができることに、喜びと感謝の気持ちを改めて感じた出来事でした。

TPPや消費税増税、原発再稼働などの重い話題が多く、小規模農家としても先行きに不安を感じることも多いのですが、大切なことを忘れずにいたい、そう思う年の初めです。


ふくわらびのくだもの−通販のご案内

りんご

ふじ:甘酸適和。蜜入りよい。

※収穫から時間が経ちますと、どうしても品質が落ちます。
 芯腐れなどの故障が多くございましたら、ご連絡の上、どうぞご返送下さい。

加工品

りんごジュース
 すりおろし果肉入り(1L)
 ストレートタイプ(1L)
りんごジャム
 紅玉(200 g)
 ふじ+陸奥(200 g)
ブルーベリージャム(200 g)
桃ジャム(紅錦香)(200 g)
桃の砂糖煮(240 g)


ご注文方法/お問い合わせ

ご来園や、果物のお問い合わせ、ご注文は、下記までご連絡下さい。
なお、直接ご来園の折には、事前にご連絡下さいますようお願い申し上げます。

ふくわらび(福蕨)
〒509-3206 高山市久々野町山梨88-14
tel 0577-52-2494 / fax 0577-52-2994
e-mail hukuwarabi@hidatakayama.ne.jp
url http://hukuwarabi.net