_季節のご挨拶>2013年11月

季節のお便り−晩生品種の収穫間近(2013.11.05)

ようやく色づいてきた「ふじ」を見て、秋の深まりを感じ、今年も残り少なくなってきたことを実感しています。皆様、いかがお過ごしでしょうか。
例年であれば、氷点下まで冷え込んだり、雪が舞ったりする時期なのですが、今年は、いつにもなく暖かい11月の始まりでした。

11月最初の連休、名古屋にいる中学生の孫が久しぶりに滞在しました。小学2年生頃までは、長期休暇になれば泊まりに来て、果樹園で、仕事を手伝ったり、遊んでいったものです。
彼女がブランコした、古くて大きな「むつ」の樹は伐られ、今、そこには2年生の苗木が植えられています。摘花をした「高徳」の樹はそのままに残っていますが、この数年で樹形が大分変わってきました。
久しぶりに歩いた彼女の目に、果樹園はどのように映ったのでしょう。

見た目だけでなく中身も、品種構成もいろいろと変わってきています。ようやく、少しずつ生りだし、試食できるようになった品種がいくつかあります。
訪れ遅く、いつまでも寒い春。雨少なく、猛暑の夏。そして台風がいくつもきたり、異様に暖かかった9月、10月と、大変な一年だったように思います。しかし今年は、この天候が幸いしたのか、いろいろなりんごが美味しく感じられました。「今年は、新しい品種の味見には、あまり適さない年かもしれない」そんなことを思いながら、試食をする秋となりました。

まもなく、「ふじ」などの晩生品種の収穫が本格化します。
今シーズンもどうぞ、ふくわらびのくだものをよろしくお願いいたします。


数年前の様子・・

(陸奥の大木にブランコをつける)

(高所作業車に乗って摘花/摘果をする)


今年の葉摘み

昨年、葉摘みをしなかった「清明」が1本ありました。着色し難い系統だったこともあり、果皮は白かったのですが、味がとてもよくて驚きました。

「葉摘みをしない方が美味しい」というコンセプトで取り組まれている「葉取らずりんご」がありますが、それに興味を持つようになりました。「葉取らずりんご」とは、単純に、葉を摘まないだけではなく、樹勢をほどほどに落ち着かせるのだとか。木の仕立て(整枝・剪定)も、現在、目標とする樹形とは異なるわけで、簡単に真似はできないのですが。

しかし、できるだけ食味を向上させたいと思い、今シーズンは1回の葉摘みの程度を軽くし、必要ならば回数を増やし、また、実施時期もやや遅くしてみました。
上手く、着色した果実もある一方、葉の形がりんごに残ってしまった果実もありましたが、試すに価値ありそうなので、来年も検討していきたいと思っています。


週末に果樹園を散策

当園では、お客様に果樹園をより知って頂こう、また、お客様の果物に対する嗜好をお聞きしたい、そう思い、1時間ほどの果樹園散策にお誘いしています。果樹園を歩きながら、試食を楽しんでいただいたり、肥料や農薬、剪定など、栽培方法の話をしたりの1時間となります。
毎月、2〜3組のお客様にお立ち寄り頂いています。今シーズンは、もう、あまり日がありませんが、近くにお越しの際は、どうぞお立ち寄り下さい。(要予約、参加費千円/組)


ふくわらびのくだもの−通販のご案内

まもなく、「ふじ」の収穫が始まります。「ふじ」の他にも、楽しめる品種があります。
また、りんごの他、ジュース、ジャムなどもご用意しています。どうぞご利用下さい。

11月のりんご(*印は少量生産)

星の金貨*:蜜入りし、甘酸あり。
むつ:大玉。甘酸。香り強い。
ぐんま名月*:蜜入り良く、甘く、酸味少ない。
シナノゴールド*:果肉硬く、独特の香りあり。
王林:芳香強く、甘い。
ふじ:甘酸適和。蜜入りよい。
金星:その甘さと果肉は、独特の食感。
はるか*:小玉で、果肉硬い。蜜が入る。

加工品

りんごジュース(2012年産)
 すりおろし果肉入り(1L)
 ストレートタイプ(1L)
りんごジャム(2012年産)
 ふじ+グラニースミス(200 g)
ブルーベリージャム(200 g)
桃ジャム(紅錦香/2013年産)(200 g)
※「紅玉」のりんごジャム(2013年産)は、間もなくご用意いたします。


ご注文方法/お問い合わせ

ご来園や、果物のお問い合わせ、ご注文は、下記までご連絡下さい。
なお、直接ご来園の折には、事前にご連絡下さいますようお願い申し上げます。

ふくわらび(福蕨)
〒509-3206 高山市久々野町山梨88-14
tel 0577-52-2494 / fax 0577-52-2994
e-mail hukuwarabi@hidatakayama.ne.jp
url http://hukuwarabi.net