_季節のご挨拶>2012年11月

季節のお便り 晩生品種の収穫間近です(2012.11.05)

朝晩の冷え込みも厳しく、秋が深くなりつつありますが、皆様、いかがお過ごしでしょうか。
ここ福蕨の、11月の始まりは、冷たい雨でした。これから寒さが一段と厳しくなり、雪も降ることでしょう。

今年は、夏の猛暑の影響か、レッドゴールドの成熟時期や果実品質に、台木による違いがありました。マルバカイドウの挿し木台は、平年に比べ、収穫が一週間以上も遅れました。果実品質は、わい性の(樹が低木化する)M9台木のものは、収穫前に果実が軟化し、売り物になりませんでしたが、他の台木のものは、それなりに良いものが収穫でき、嬉しく思います。

しかし、困ったことに、今シーズンは、「ふじ」にも「芯カビ病」が多発しました。
「芯カビ病」とは、果実の肥大期にガクよりカビが侵入し、果実の芯が腐敗する病気です。外観からはわからず、症状も芯のみでおさまるのがほとんどで、その部分を取り除けば問題ないと言われます。しかし、おもしろくないものです。被害果は、早くに成熟する傾向にあることから、10月上旬に、「ふじ」の早熟果を摘み取る作業を行いました。もともと、芯カビ病の多い「レッドゴールド」で、毎年、行う作業ですが、「ふじ」では初めてのことです。立派に育ち、後は着色を待つだけ、と見られる果実を摘み取るのは、心苦しい作業でした。
今、摘み取りし終わって一ヶ月ほど経ちました。残った果実が肥大し、紅く色づき始めるのを見ることができ、ほっとしています。

いいことも、残念なこともありましたが、ようやく晩生品種をお届けできるようになりました。
今シーズンもどうぞ、ふくわらびのくだものをお願いいたします。


寒さが厳しくなりつつあります

11月4日、家の前に置いていたバケツに、薄氷。

「ふじ」の果皮も、うっすらと霜が降りたか、綺麗に光り輝いていました。
霜に当たると、「ふじ」の味がこなれる、とか言われてます。
楽しみです。


TPPと遺伝子組み換え

この数年、日本のTPP(環太平洋パートナーシップ)への参加が話題となっています。
その中で、TPPへの参加が遺伝子組み換え作物に対する障壁も無くしてしまうのではないか、と危惧されています。
もしそうなれば、日本の食卓に、農地に、遺伝子組み換え作物が当たり前のように見られるようになります。

遺伝子組み換え作物が、本当に安全なのか、あるいは危険なものなのか、私たちには判らないことが怖い。そう感じます。

「ボルドー液などの無機の農薬は、毒性がはっきりしている。しかし、化学合成農薬は、何が怖いのかが判らないことが、怖い。」
30数年前、当園で減化学合成農薬を始めた頃に耳にした言葉を思い出します。

※りんごでも、遺伝子組み換えの研究はなされているそうです。切っても褐変しないりんご、とか。

週末に果樹園を探索

お客様に果樹園をより知って頂こう、また、お客様の果物に対する嗜好をお聞きしたい、そう思い、1時間ほどの果樹園探索にお誘いしています。果樹園を散策しながら、栽培品種や栽培方法などをご案内します。
今シーズンは、もう、あまり日がありませんが、近くにお越しの際は、どうぞお立ち寄り下さい。(要予約、参加費千円/組)
毎月、2〜3組のお客様にお立ち寄り頂いています。


くだもの 通販のご案内

まもなく、りんごの王様「ふじ」の収穫が始まります。
また、「ふじ」の他にも、面白い品種があります。どうぞご利用下さい。

11月のりんご

むつ:大玉。甘酸。香り強い。
ぐんま名月:蜜入り良く、甘く、酸味少ない。(少量生産)
シナノゴールド:果肉硬く、独特の香りあり。(少量生産)
王林:芳香強く、甘い。
ふじ:甘酸適和。蜜入りよい。
金星:その甘さと果肉は、独特の食感。
はるか:小玉で、果肉硬い。蜜が入る。(少量生産)

ジュース(2012年産)

りんごジュース(1㍑/ストレートタイプ): 「レッドゴールド」と「紅玉」で搾ったりんごジュース。11月中旬より発送いたいます。

ジャム(2012年産)

りんごジャム:「紅玉」のジャムが出来上がりました。
ブルーベリージャム
桃ジャム:「滝の沢ゴールド」を用いた黄色いジャムと、「紅錦香」を用いた白いジャム。
桃の砂糖煮:「まどか」を桃のソースで果実を煮ています。


ご注文方法/お問い合わせ

ご来園や、果物のお問い合わせ、ご注文は、下記までご連絡下さい。
なお、直接ご来園の折には、事前にご連絡下さいますようお願い申し上げます。

ふくわらび(福蕨)
〒509-3206 高山市久々野町山梨88-14
tel 0577-52-2494 / fax 0577-52-2994
e-mail hukuwarabi@hidatakayama.ne.jp
url http://hukuwarabi.net