_季節のご挨拶>2012年1月

寒中お見舞い申し上げます(2012.01.17)

旧年中は格別のご厚情を賜り厚く御礼申し上げます。
年の暮れから降り続く雪で、果樹園は白く、そして厳しい寒さを迎えていますが、皆様、いかがお過ごしでしょうか。

昨年3月に発生した大震災と原発事故は、一農家として、一市民として、どのような行動ができるのか、考えさせられました。
また、2011年は、当園の果物にとって、大変、厳しい年となりました。
林檎は、前年の酷暑の影響か、春先から花芽が少なく、また、生育期間中の自然条件にも恵まれず、結果、大幅な減収となってしまいました。りんごの主要産地である青森県では、平成になって2番目の減収といわれているような状況ですから、致し方ないことかと思えます。が、3年続きの不作には、自然の厳しさを感じます。
また、桃は、収穫期に降り続いた雨により、果実に腐りなどの傷みが入り、出荷できるものが少なく、頂いたご注文をお断りする事態となり、多くのお客様にご迷惑をおかけしました。
このような厳しさを経ても、気持ちを新たに園地に出向くことができるのは、支えて下さった皆様のお陰と、心より感謝申し上げます。

当園では、変わらず、整枝・剪定や摘花・摘果、施肥といった果実品質を向上させる技術の習得や、薬剤散布における安全性の検討に努めていく所存です。今後ともどうぞ、ご指導ご鞭撻をの程、よろしくお願いいたします。

末筆ながら寒さ厳しい折、一層のご自愛のほどをお祈り申し上げます。


遅れた冬の到来

平年であれば、11月初旬に、1〜2度は強い霜が降り、りんごが樹上で凍みてしまいます。ですから、毎年11月15〜18日頃には「ふじ」の収穫は終わっています。
しかし昨秋は、いつまでも暖かく、なかなか霜が降りませんでした。そこで、少々、ゆったりと「ふじ」の収穫を行いました。

春(開花)が遅かった分、収穫も遅れます。
さらに、この数年、取り組んでいる下垂枝を使った剪定では、果実品質は良くなるようですが、熟期が少し、遅れるような気がします。
また、夏〜初秋の暖かさは、植物の肥料の吸収を良くし、熟期をさらに遅らせたかも知れません。
果実をできるだけ樹上で熟させて収穫するためには、冬の到来が遅れたことが幸いしたように思われます。

あまりに違う、11月の天気に、とても不思議な、一方で救われたような、そんな気分にさせられました。

 

2011年の果実肥大

「小玉だけど、家で食べるのはこれがいい」

昨年の年頭のご挨拶に、このようなご感想をご紹介しました。2010年は、小振りで、非常に香り高い「ふじ」が収穫できました。

しかし、2011年は、「ふじ」の果実肥大が良く、平年に比べ、ひとまわり、大玉の果実となりました。
花数が極端に少なかったことに加え、夏の多雨とその後の高温傾向の影響か。樹が肥料を吸い上げるのに、非常によい条件が揃ったのかもしれません。
あるいは、整枝・剪定の影響なのか。家人が「こんなに枝を抜いても大丈夫?」というほどに、思い切った樹形改造を行ったせいかもしれません。

不作続きで、暗い話が続きます。しかし、毎年、違う顔の果実が収穫できることは、とても良い刺激となります。
まだまだ学ぶことは多くある。そんなことを思いながら、整枝・剪定を始めています。

 

20年も前のこと

もう、20年も前のことでしょうか。ベラルーシの子供達をお預かりした夏の日を思い出します。少しの期間でも、放射能が無いところで過ごさせることは、効果があるのだと言われました。今、彼/彼女らは、どうしているのでしょう。

震災と福島第一原発の事故から10ヶ月が過ぎました。この間、私たちに何ができるのだろうか、色々と思いめぐらしてきました。お声をかけて頂いては、お手伝いもさせて頂きました。
季節になれば、小さなお子様達も果樹園に遊びに来てくれます。その子供達の、粉ミルクや紙おむつですら、選ばなければならない事態になったのだと聞きます。
私たち生産者ができること/すべきことは、やっぱり、安心して食べられる物を作ることなんだと。そう思います。
そして、もう二度と、このような悲しい事態は体験したくない。もうこれ以上、土を汚して欲しくない。
そう願う、初春の一日です。


ジュース、ジャムのご案内

林檎ジュース。寒い季節には、温めてお召し上がり下さい。本シーズンはりんごの生産量が少なかったのですが、なんとか良さそうな材料を揃え、加工(委託)しました。
りんごジュースの「すりおろし果肉入り」は、ロット(品種構成)によって、どっさりと果肉が入ったものがございます。

りんごジュース(すりおろし果肉入り) 1L
りんごジュース(ストレートタイプ) 1L

りんごジャム(ふじ+陸奥) 200 g
りんごジャム(ふじ+グラニースミス) 200 g
桃ジャム(黄桃) 200 g
桃の砂糖煮(まどか) 240 g

ご注文方法/お問い合わせ

ふくわらび(福蕨)
〒509-3206 高山市久々野町山梨88-14
tel 0577-52-2494 / fax 0577-52-2994
e-mail hukuwarabi@hidatakayama.ne.jp
url http://hukuwarabi.net