_季節のご挨拶>10月

レッドゴールドの季節(2010.10.05)

皆様から頂戴するお便りに秋の涼しさが含まれるようになり、日々をすごしやすくなったことが伺われます。しかし、季節は少しずつ、寒さに移り変わっています。くれぐれも体調を崩されたりされませんよう、ご自愛下さいませ。
さて、果樹園でも、9月半ばから秋らしい日が続くようになりました。そして、瞬く間に、レッドゴールドの季節になりました。
他の品種に比べ、栽培、収穫の手間が余計にかかり、他の生産者にはお勧めできない。それでも作り続けてしまう果物です。
今になって、今夏の多雨や酷暑がりんごに与えた影響が大きかったことを思い知らされています。樹勢は弱り、また果実も傷みを受けた様子。この自然条件下で、樹や果実の生育にどのような手助けができるのだろう、日々、模索しながら過ごしています。
そんな慌ただしい中、ふと落ちたレッドゴールドの実を食べると、秋の深まりを感じざるを得ません。そこで、急ぎレッドゴールドの案内をご用意しないと、と慌てている次第です。
どうぞよろしくお願いいたします。

ふくわらび   


レッドゴールド

小さな果実です

当園のレッドゴールドは、他のリンゴと比べると、とても小さい果実です。極端に大玉になると、収穫前に軟化してしまうので、努めて小玉になるように栽培しています。

芯カビ病と繰り返しの摘果

芯カビ病とは、芯がカビに感染する症状で、軽度であれば生食に支障ないのですが、進行すると内部が腐ってきます。レッドゴールドは、芯カビ病にかかりやすい品種です。
芯カビ病に有効な薬剤が無いことから、対策として、当初の着果量を多くしておきます。
通常、一つの果実を生らせるのに60〜75枚の葉が必要とされますが、7月の中下旬には、30枚に1果ぐらいの割合で残しておきます。1〜2週間間隔で、芯カビ病にかかった果実はないかを見て回り、被害果を摘み取ります。
これを9月まで繰り返し、出荷時に被害果が混ざらないように努力しています。(それでも完全に取り除けるわけではありませんが、少なくはなります。)

完熟収穫と即日発送

レッドゴールドは、樹上で完熟するとすぐに落果します。しかし一方で、収穫が数日でも早すぎると、味が未熟となります。
そこで、当園では、頻繁に収穫に入ります。果実を手で軽く持ち上げたら“ポロリ”とくるもののみを取り込み、即日、出荷するようにしています。

軟らかくなりやすい品種です

果実が届いた時に、硬すぎる、あるいはまだ粉っぽいと感じられた場合は、1〜2日ほど置いてからお召し上がり下さい。
ただし、貯蔵性が悪く、常温では収穫後三日ほどで急速に軟化し始めます。お好みの硬さを過ぎないよう、ご注意下さい。
保存袋に詰め、野菜庫など、0〜5℃の環境に保存して頂くと、10日間ほどは持つようです。


10月のくだもの販売ご案内

りんご

レッドゴールド ※10月10日頃より発送開始
ひめかみ
昂林(こうりん)
秋映(あきばえ)
シナノスイート
清明
涼香の季節(少量)
トキ(少量)

洋梨

コンフェレンス

ジュース、ジャム

りんごジュース 「ストレートタイプ」(酸味あり、1㍑)※2009年産
ブルーベリージャム (200g)
桃ジャム 「滝の沢ゴールド」を用いた黄色いジャム。甘酸あり。(200g)

お問い合わせ/ご注文方法

福蕨(ふくわらび)
509-3206 岐阜県高山市久々野町山梨88-14
TEL 0577-52-2494 / FAX 0577-52-2994
e-mail hukuwarabi@ybb.ne.jp

*お願い*

レッドゴールドをご注文頂いたにもかかわらず、10月20日頃までにお届けが無い場合、誠にお手数ですが、お問い合わせ下さいますよう、お願い申し上げます。